結婚式に招待されたら

友人の結婚式の招待状が届いたら、結婚式のマナーを学ぶ良い機会と考えましょう。
結婚式のマナーは、歳を取れば取るほど覚えにくくなり、恥じをかくことにもなりかねません。
若いうちは多少失敗しても大目に見てもらえますから、友人の結婚式で予行練習をしておきましょう。


結婚式の招待状の返事は早めに出しましょう。
出席の場合は、「御」の部分を消して、出席を丸で囲み、「ご結婚おめでとうございます。
喜んで出席させていただきます。
」などと、メッセージを付け加えましょう。
欠席の場合は、「たいへん残念ですが、当日は都合がつかず、欠席させていただきます。
」などと一言添えます。
詳しい理由は書かなくてかまいません。
また、身内の不幸などがあった場合は、結婚式を欠席することは礼儀とされています。


結婚式のご祝儀は、ご祝儀袋に入れて結婚式場の受付に持参します。
ご祝儀の金額は、新郎・新婦の友人であれば2~3万円くらいが相場です。
ご夫婦で出席する場合は、その2倍の5~6万円くらいが平均的です。
結婚式に出かける際の服装についてですが、当日は新郎・新婦が主役ですから、花嫁と同じ「純白」のドレスや、花婿以上に目立つ派手なモーニングを着用することなどはタブーとされています。


しかし、最近では、レストランウェディングのようにカジュアルな雰囲気で行われる結婚式も増えてきていることから、結婚式が行われる場所によってはそれほど服装に気を遣わなくていい場合があります。
事前にどのような服装で出席するか、友人達と打ち合わせておきましょう。


<PICK UP>
ハワイやヨーロッパなど海外で結婚式を挙げたい方向けの海外ウェディング情報サイトです => 海外ウェディング